ゴルゴ線(ゴルゴライン)を予防する3つの方法とは?

ゴルゴライン予防法

 

ゴルゴ線(ゴルゴライン)の予防は、ずばり以下の3つを行っていけばOKです。

 

目を酷使しない
眼輪筋の筋力アップ
目の下のハリや潤いを保持する

 

一般に目を酷使したり、目の下の皮下脂肪が薄いとたるみやすく、しわができ易いとされています。
ゴルゴ線(ゴルゴライン)は、顔のたるみの中でも、一度できてしまうとなかなか消すのに苦労するやっかいな線なので、しっかり予防は行っていきましょう!
それでは、それぞれの3つの予防方法を、より細かく解説していきます。

 

予防法その1:目を酷使しない。

現代人は、仕事でもプライベートでも、パソコンやスマホなどで画面を見る機会がかなり多いので、目を酷使しがちですが、これが良くないんです!
画面をずっと見つめたままでいると瞬きの回数が減って筋力は衰えるのでリンパの流れも滞るようになります。
疲れ目だと涙袋がプックリとしやすいのでイメージしやすいかと思います。
そうなると溜まった水分が支えきれずに皮膚がたるむので皺ができるのです。

 

ここでの予防策はデスクワーク時は瞬きを意識することで防げます。
無意識に画面に集中することで起こるので少しでも意識すると効果が出ます。
また、ホットタオルなどで目を覆うと温まるのでリンパの流れがよくなります。
疲れ目には効果抜群です。眼輪筋のマッサージも効果的ですね。

 

予防法その2:眼輪筋の筋力アップで予防する。

眼輪筋はゴルゴ線の形成に重要な役割を持っています。
ここが加齢によって衰えるととたんにたるみだし、一気に老けた印象になってしまいますので、注意が必要なのです。
鍛え方としては、よく笑ったり眼球を大きく円を描くように動かすことや眉を上下させることでできます。

 

予防法その3:目の下のハリや潤いをアップさせる。 

目の下のくぼみが大きいほど皺が寄りやすくゴルゴ線もできやすいです。
くぼみを減らしてふっくらとしてみずみずしい肌はゴルゴ線を予防します。
視神経の使いすぎで疲れ目の時は目の下のしわ予防やハリアップの化粧品でケアしたり、パックで潤いを取り戻すようにしましょう。
また、冬などの乾燥時もハリがダウンするので十分に保湿しましょう。

 

このように日常的にちょっと気をつけるだけでゴルゴ線の予防はできます。
特別な器具やマッサージ、化粧品は必要ないのでぜひやってみましょう。