笑ってできた時のゴルゴ線(ゴルゴライン)対策とは!?

笑った時のゴルゴライン対策

 

笑うと目立つのは、眼輪筋などの表情筋が衰えているからです。

 

視神経が疲れ気味だと目の周辺のしわが目立ちます。
笑った時のように一気に表情筋が動く場合、顔の筋肉や皮膚が固いためにしわがよってしまいます。
これによって笑う時にゴルゴ線が強調されてしまうのです。

 

普段はほとんどしわが目立たない人でも表情を大きく変える状態の時に、ゴルゴ線が浮き出てしまうこともあります。
日常的にパソコンやスマートフォンを使うような現代では、若い女性ほど隠れゴルゴ線を持つ人が増えているのでしょう。
メイクやふと鏡を見てもゴルゴ線はできていないように見えても、写真を撮ったり誰かに指摘されたりと思いがけない時に自分のゴルゴ線や笑いじわに驚くものです。

 

笑った時にできるゴルゴ線対策

この一時的なゴルゴ線を予防するには表情筋を柔らかくすることが一番の解決策になるでしょう。
また笑った時や表情が大きく変わるときには皮下脂肪も少しばかり移動するので、顔の余計な贅肉があるようならば顔痩せすると大きなしわができにくくなります。
ただし顔痩せしてもしわが寄りやすい筋肉等の付き方なので表情筋を柔軟にしておきましょう。
表情筋を柔軟にするには口と目周辺を意識的に大きく動かすことでできます。
「わ」と「お」を繰り返す、「い」と「う」を繰り返すことで顔の下半分はオッケーです。
上半分は目をぎゅっと瞑ったりくわっと大きく見開いたりすることと大きく上左下右上と眼球のみでゆっくりと回転させて見ることで視神経のコリをほぐし筋肉をリラックスさせます。回転が逆回転もします。
眉を上下させるのも効果的です。

 

視神経の疲れもしかめっ面やゴルゴ線の原因となります。
ホットタオルでアイマスクをしたり軽いマッサージをすることで血流がよくなるので、筋肉のこりや疲れを解消させることができます。
乾燥もしわの要因なので洗顔後はしっかりと保湿して乾燥を防ぎます。
滑らかで弾力のある肌は笑いじわや深く刻まれるなしわを防止しますので、乾燥対策も大事です。