「生まれつき」のゴルゴ線は消せる?消せない?

ゴルゴ線うまれつき

 

生まれつきのゴルゴラインは治らない!と思っている方も多いですが、そのようなことはありません。
3つの手段をとる事で消すことは可能です。

 

まず、生まれつきのゴルゴラインとはどのような状態か?というと
目元がくぼみやすい骨格をしていて、子供の頃からうっすらと目元から頬にかけて影のある方です。
くぼみが深いために影やしわができやすく、子供の頃から骨格が原因でゴルゴラインができやすい場合は
くぼみを埋めてゴルゴ線を消すのが最重要案件です。
それでは、「生まれつきのゴルゴライン」を消す3つの方法を紹介していきます。

 

方法1:肌のハリ・弾力を取り戻すケア

通常時のゴルゴラインのケアとは違うのは目元の脂肪をあまり削らないようにすることとより
ハリケア対策をすることです。
脂肪に関しては極度に眼輪筋を鍛えないことでしか対処はできませんので、ハリ対策に力を入れます。
コラーゲンなどでよりふっくらさせるケアをします。
寝不足や乾燥でもハリは衰えるのでよく睡眠をとります。

 

方法2:目元へのコラーゲン注入

くぼんでいる目元に脂肪もしくはコラーゲンなどの注入を行うことです。
自宅ケアでは埋められないくらいのくぼみに悩んでいるのでしたらこちらがお勧めです。
とはいっても、プチ整形に近いので抵抗がある方もいるでしょう。
脂肪注入は長期的なものですが、コラーゲンなどのハリアップの成分の場合は効果は数ヶ月ほどの場合が多いです。
肌に直接入れる栄養剤と考えれば抵抗は低くなるかもしれませんね。
実際、半永久的なものでくぼみを埋めるよりも、一時的ですが体に負担が少ない方法で生めるほうが安心でしょう。

 

方法3:美容整形での骨格改善

3つ目の方法は最終手段として美容整形です。
骨格に原因があるのならば、骨格を削るか他の部分を高くするかするなどでくぼみのバランスを整えます。
極端なくぼみが解消できなければゴルゴラインはできません。
もちろん、骨格的にできにくくなるだけで、ハリや眼輪筋が衰えればゴルゴラインはできます。
美容整形の場合は元の状態に戻すことができないため、よく考えてから腕の良い美容整形外科を探して実施するのがとても大切ですね。

 

ゴルゴ解消まずはメイクでゴルゴ線を隠しておきましょう。