くっきりしたゴルゴ線(ゴルゴライン)は整形以外で消せないの?

整形手術ゴルゴ線

 

深くなってしまったゴルゴ線を完全に消すのはかなり難しいです。
特に生まれながらのゴルゴライン持ちの場合は、顔の筋肉やじん帯がしわや窪みを形成しやすいように付いている可能性があります。
筋肉などの上の皮下脂肪や肉をいくらいじったところで、加齢などで再び窪みは生じるので、ゴルゴ線ができやすくなってしまうのです。

 

眼の下から始まり頬を縦断するゴルゴ線ですが、この頬のしわが難問なのです。
美容整形で頬などの顔の中心部のしわの場合は切開するにしても余計な脂肪分などは薄いためさほど効果的ではないのです。
表情を変えるための筋肉やじん帯の影響が大きいのでしわをとるために余分な肉を取るのではなく、整形ではしわを埋める技術が必要になります。

 

ゴルゴ線に効果のある整形としては皮下に糸を通して肉を吊り上げリフトアップ効果を狙う方法が一般的です。
この方法ですと切開するわけではないので処置後の傷跡もほとんど目立ちませんし、費用も大きくかかりません。
過度な処置をしているわけではないので体への負担も少ないです。
これでは十分なしわ取り効果が無い場合もヒアルロン酸注入などの併用ができますので、ゴルゴ線の解消には心強いですね。
ヒアルロン酸注入ではしわを埋めることでしわを目立たなくします。

 

糸による方法として従来のリフトアップ手術ですと糸はポロプロピレン製のものが主流です。
この糸は長くても半年ほどで体内に溶けてしまう糸でリフトアップを維持する力も弱いです。
一番の問題点は伸縮性に乏しいので突っ張り感が残る点です。伸縮性が無いということは強い力や負荷を与えると切れやすいので自然な感じに仕上がるのは難しいです。

 

最新の技術でスプリングスレッドがあります。
ポリエステルとシリコン製の糸で肌を引っ張り上げます。伸縮性があるので突っ張りません。
糸も医療現場などで使用されており安全性が高いです。
耐久性があり溶けないので長期間維持できますし抜糸することもできます。
柔軟性が高いのでリフトアップのカバー力も高くおススメです。