ゴルゴ線を消すには「レディエッセ」「ヒアルロン酸注入」どっちがいいの?

ゴルゴラインにレディエッセ

 

レディエッセとはヒアルロン酸のような皮下に注入するタイプの美容整形です。

 

くぼみやしわなど気になる部分に注射などで注入します。
ゴルゴラインに効果があるかといえば、適切な部分に注入してしわを目立たなくすることができれば効果アリでしょう。
レディエッセとヒアルロン酸注入は同じような仕組みですが、この2つを比較してみると・・・

 

まず、レディエッセは体内に吸収されるタイプの液体を気になる部分へ注入します。
皮下に注入された液体はおよそ1年から2年かけて体内に吸収されます。
ですので、効果は1回の注入で徐々に薄まりますが1年はあると考えられます。
そもそもレディエッセが多くの美容整形で使用されているのは、他の注入系の薬剤よりも手頃だからです。
そのため、レディエッセはヒアルロン酸と比較したら、かなり安価です。

 

レディエッセのデメリットとは?

まず、注入の際の針が他の注入系と違って太いこと、これは液体の粒子が大きいためです。
針が太いので多くは局部麻酔を行います。

 

もう一つのデメリットとして、体内に吸収されるまで手直しが効かないことです。
ヒアルロン酸と違って失敗しても液体を分解するような薬剤はありません。
自然に収まるまで2年ほど待たなければいけないのです。
しかも、局部麻酔をすることで顔がむくんだりしますので、美しくなるために注入するのが難しくなります。
むくみが治まったら注入したものがきれいに保てないかもしれません。
さらに困ったことにゴルゴラインで注入する目の下などの皮膚が薄く柔らかい部分は、時折注入された液体が内部で固くなってしまうことがあります。
すると自然で滑らかな皮膚ではなくなってしまいます。

 

このようにゴルゴラインの解消にはレディエッセは有効ですが、万一失敗してしまった時のリスクも大きいです。
もし金銭的に余裕があるのならば、同じような注入系のヒアルロン酸だと手直しも効きます。
そのため、レディエッセよりもヒアルロン酸のほうが、リスクも少なく自然な肌感を実感できるでしょう。


ゴルゴ線(ゴルゴライン)はヒアルロン酸注入で解消できる?

ヒアルロン酸

 

ゴルゴ線は顔の筋肉やハリなどの衰えでできるものなので
ヒアルロン酸注入によるしわ取りでは効果は期待して良いです。

 

ヒアルロン酸によるしわ取りの仕組みですが、注入はまさにしわのくぼんでいるところに直接注射針などで行います。
しわをふっくらさせることで目立たなくさせます。
ヒアルロン酸自体はコラーゲンとともに肌のハリを保つ成分で元からあなたの肌にも備わっているものなので、体に負担は少ないでしょう。

 

どのくらい注入するのか?

これはしわの程度によりますが、深いしわほどたくさんの注入が必要になってきます。
子供の頃からゴルゴ線ができ始めた人は、眼輪筋やじん帯のつき方がとてもゴルゴ線ができやすく窪みもできやすい体質なので相当量の注入でなければ補正は難しいかもしれません。
ヒアルロン酸だけでの補正だとその深い窪みやしわを埋めるためにたくさん注入するわけですから、顔の印象がふくよかになってしまうでしょう。
顔の印象が変わってしまうので少しずつ数日に分けて注入して、顔がパンパンでむくんでいたりふっくらし過ぎなる状態に至る前に注入をやめるのがベストです。

 

より深いゴルゴ線を補正するのならば、ヒアルロン酸だけでは難しいのでリフトアップ効果のあるものと併用するのがいいでしょう。
肌に糸を張って持ち上げるフェイスリフトや切らない美容整形の高周波系の治療があります。
高周波系は肌の奥に作用することで肌を引き締める治療ですが効果は半年ほどで薄れていきます。
より確実に消す場合は上記の糸によるリフトアップでしわを浅くしてそこにヒアルロン酸を注入する方法がベストなのかもしれません。

 

もちろん徐々にヒアルロン酸は体内に吸収されてしまいますので定期的な注入が好ましいです。
期間はおおむね3ヶ月から4ヶ月ほどです。
他の美容整形よりも効果のある期間が短いのが特徴です。
効果が長いものも研究されていますが、安全性を考えたら短期間で自然に体内に吸収されるタイプのほうが体に負担がかかりません。