ゴルゴ線を消す!メイク方法を公開!

ゴルゴ線メイク

 

「ゴルゴラインを今すぐ何とかしたい!」という方に必見なのが
メイクでゴルゴラインを目立たなくする方法です。

 

しかしながら、メイクではがっつりついてしまったラインは消せません。
たるみがひどく段差がついてしまっている場合は完全には消せません。

 

ゴルゴライン対策のメイクテクに必要なのはハイライトです。
ハイライトは部分的に明るく見せる化粧品の定番です。
通常はおでこを一直線になぞったり鼻筋をなぞる、いわゆるTゾーンに使うことが多いですよね。
ゴルゴライン対策の場合は、ゴルゴラインのやや上もしくはライン上にのせるのがコツです。

 

 

まず、ベースメイクをします。

 

ラインやしわがあるときは、どうしてもそのしわを埋めようとしがちですが、埋めると厚塗りになりがちです。
そうすると時間の経過と共によれたり、新たな小じわを増やしたりするのであまり得策ではありません。

 

しわやラインが目立つ時はコンシーラーなどで軽く叩く程度にします。
埋める時はリキッドタイプよりは固形状のものが適していますが、その分よれに弱いです。
ゴルゴラインは笑いじわや顔を触るとすぐに乱れるので厚塗りは厳禁です。

 

また、コンシーラーで上手くカバーするにはファンデーションの状態でどちらを先に使うべきかが変わります。
例えばリキッドタイプのファンデを使用するのならばファンデが先でその後にコンシーラーです。
パウダータイプの場合は逆でコンシーラーで埋めてからファンデーションです。
この順番を守るだけでより自然にカバーできます。

 

 

下地ができたらハイライトの出番です。

ハイライトは前述したようにゴルゴライン上をなぞります。
明るくすることでしわの陰りを和らげるんですね。

 

そして、ハイライトを入れてからチークを差すようにします。

 

この時、鼻筋にはハイライトは入れないほうが良いでしょう。
その方がゴルゴラインが明るくなりより補正効果が出るでしょう。

 

より一層ゴルゴラインの補正効果を期待するのならば、鼻筋のノーズラインは少しだけ暗い色のファンデなどで低く見せます。
鼻筋を高く見せるとラインが目立ちますからその逆をするわけです。
ただし、低く暗く見せるのはバランスを取りにくくするのでリスクが大きいので注意が必要です。

 

ゴルゴ131,480円で試せるゴルゴ線対策化粧水とは?